BAキャリアアドバイザーBlog 人材紹介を活用!プラスBAの“かしこい就活”を提案する就活ブログ

ビギナーズ・エージェント 人材紹介を活用!プラスBAの“かしこい就活”を提案する就活ブログ

ただいま「BAキャリアアドバイザーブログ」のリニューアル作業中!
リニューアル期間中は「JUGEM」サービス上で、エントリー配信を行います。
再開まで今しばらくお待ち下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク 2009.06.13 Saturday
-
-
pookmark
このページのTOPへ↑
【BA流★就活必勝法】第7回/面接官に伝えるべきポイントは…
就職・転職活動で悩みの多い新卒・第2新卒・未経験者の皆さんに、
“未経験者専用の就職支援サービス”を手がける「BA」から、
とっておきの書類作成・面接アドバイスをお送りする【BA流★就活必勝法】。

ナビゲーター役を務めます、キャリア・アドバイザー指田(サシダ)です。

■面接で不採用となる理由―。
不採用の理由は大きく2つに分類されます。「やる気・意欲が感じられない」と「ポテンシャルが感じられない」です。
未経験者はもちろん、経験者採用であったとしても、この2つはスキルや能力以上に重視されています。(ただし、経験者採用の場合、柔軟性といった部分が大きな焦点になりますが・・・。)
「やる気・意欲」がないと、当然ながらその人に仕事は任せられないですし、仮にやる気や意欲があっても、そこに成長の余地を感じなければ、
その2つを伝える為には、皆さんがその企業に入りたいという「意志」を明確に伝える事と、今の自分を理解している事が必要です。
もちろん、ただ伝えるだけでは意味がありません。志望動機や自己紹介と合わせながら、「やる気・意欲」と「ポテンシャル」をアピールする方法を考えて見ましょう。

◎―「志望動機」を伝える
履歴書の回でも記しましたが、ここではその事を言葉で表す力が要求されます。だからといって「私がこの会社を志望したのは〜〜〜だからです。」というのを暗記したのではまったくもって意味がありません。
前にも説明した通り、「どうしてその企業なのか」「なにがしたいのか」をしっかりと説明できるようにしておく事がこの志望動機を伝える一番のポイントです。例えば、「なにがしたいのか」を更に掘り下げて「どうしてその事がやりたいのか」まで説明できるようになれば恐らく面接のどんな質問にも回答できます。もちろん、その理由が企業が募集職種に求めているものとあまりにも懸け離れているようでは問題はありますが、そうでもない限り、しっかりとロジックを組んで説明さえできれば、十分なアピールに繋がるはずです。

◎―「自己紹介」ができるようにする
定番中の定番、自己紹介です。あまり難しく考える事はありません。これまでやってきた事をしっかりとまとめて話せば良いのですから、ただ、面接官はそこから更に皆さんを知ろうするわけですから、それぞれやってきた事について、詳しく説明を求めるケースが出てきます。自分のやってきた事を脚色して、大袈裟に話しすぎる事で、かえってそこを突っ込まれ、回答に困ってしまうという事もありえない話ではありません。
ですから、仮に面接官からどんな質問が来たとしても、十分に説明をできるだけの準備を整えておく必要がありますし、自分が一番訴えたい経歴については、事実関係をしっかりと確認して、万全の体制を整えておく事が自己紹介の対策として求められます。

◎―「自分の立ち位置」を把握しておく
意外と聞かれて困る質問の中に「あなたの長所はなんですか?」というものがありますね。意外と自分を認識するというのは難しいものです。また、長所・短所という部分だけでなく、意外と自分の能力を過小、または過大評価してしまっているケースが少なくありません。
やはり自分自身を一番良く知る方法は、他人が自分をどう評価しているのかを知るという方法が一番有効でしょう。意外と自分では気がつかない部分を見つめなおす事ができますし、何より客観的な視点から自分を捉える事ができるという点が大きいですね。それ以外にも自分の考え方に対して、ひたすら「なぜ」を問うという手段もあります。その手法ややり方は様々ですが、何にしても一度自分を見つめなおすという事が大切です。
今の自分自身を理解しているという事は、すなわち次の自分に何が必要かが見つめられるという事。皆さんの更なるステップアップの為にも、大切な事ですので、是非実践してみてください。


▼お気軽にご相談下さい(就活相談フリーダイヤル:0120-112-137)
新卒・第2新卒・若手求職者のための就職支援サービス「Beginner's Agent(ビギナーズエージェント)」

JUGEMテーマ:転職活動
JUGEMテーマ:就職活動
JUGEMテーマ:就職活動


BA運営事務局 2008.06.02 Monday
就活コラム
trackbacks(2)
pookmark
このページのTOPへ↑
【BA流★就活必勝法】第6回/面接官が見るポイントは・・・。
就職・転職活動で悩みの多い新卒・第2新卒・未経験者の皆さんに、
“未経験者専用の就職支援サービス”を手がける「BA」から、
とっておきの書類作成・面接アドバイスをお送りする【BA流★就活必勝法】。

ナビゲーター役を務めます、キャリア・アドバイザー指田(サシダ)です。


■面接の大きなポイント「表現力」
ある心理学の実験によると、対話に対して好感を抱くかそうでないかの判断基準は、表情の変化が5割を占め、次いで声の質が4割となっており、肝心の話の内容については1割程度しか影響を及ぼさないそうです。
意外な事に、話の内容などから判断される事は少なく、むしろどう伝えるかがポイントという事ですね。
もちろん、これは面接にも言えることで、むしろ面接はこのポイントを重点的に見られていると考えるほうが妥当なくらいです。
今回は、そんな「表現力」について、大きく3つに分けて考えて見ましょう。

◎―質問やこちらの説明に対する「反応」
面接官から質問を投げかけたとき、皆さんがどういった回答をするのか、質問の意味を理解しているかなどを見ている事が多いです。
ですが、冒頭でも少し説明したとおり、意外と会話の内容は重視されていないので、皆さんの表情の変化やリアクションを見て判断されていると思って良いでしょう。
この「反応力」をアピールするためには、2つのポイントがあります。
1つ目は「相槌」、面接官の説明に対してしっかり話を聞いている事をアピールする為に必要な技術です。ただし、一辺倒に「はい」とだけ応えていれば良いというものではなく、質問の内容を理解しようと思ってしっかり聞き入る事が大切です。同じ「はい」でも、驚いた時の「はい」と、関心した時の「はい」は違いますから、こういった感情表現を踏まえて、しっかりと「相槌」が打てる事は、大きなプラスになります。
2つ目は、やはり面接官の言葉を理解する事。質問に対して的を射た回答をする事も大切ですが、例えば、相手の質問を要約して返したり、あいまいな質問を明確化させるなど、皆さんが質問を理解しようとしている姿勢をいかに伝えるかが大切なポイントです。

これらの技術が養えているかは、特に営業職の場合、かなり重要視されて見られますので、日頃から意識して会話をしてみると良いでしょう。


◎―やっぱり見られている「愛嬌」
なかなか表現する事が難しいこの「愛嬌」。面接官はこのポイントについてもよく見ています。というのも、この能力を持ち合わせているかどうかで、職場だけでなく、取引先に対しても印象が大きく変わるからです。ただ、この能力は「全体」の雰囲気で見られるもののため、その場で取り繕えるものではないというところに難しさがあり、日頃から意識する事がポイントになります。
例えば、あまり得意ではない人と接するときでも、仲の良い人と同じように接する事や、日頃から意識して挨拶を心がける事など、色々とやり方はあります。
どんな人でも、しっかりと心を込めて対応することで、この能力は磨く事が出来ますし、決して先天性のものではないですから、苦手意識をもたず、少しずつ色々な人と接していきながら、身につけていきましょう。


◎―仕事で重要視される「打たれ強さ」
社会人になれば味わう様々な「苦悩」や「挫折」。一般的にいわれているストレスに対する耐性は、企業の採用基準の中でも大切なポイントとして見られています。よくある判断方法は、少し厳しい事を説明したり、ちょっとした皮肉や嫌味を言うなどして相手の反応を伺うという手法です。
多くの場合、皆さんが応募した仕事に対して、楽しい部分しか見ていないのではという不安から質問をするケースがほとんどですから、そういった厳しい部分についてもしっかりと見極めて応募している方にしてみれば、大した影響のある質問ではありません。
言ってしまえば、その仕事についてしっかりと調べた上で、本当にやりたい仕事かどうかを見極めて応募さえしていれば、その時点で既にこの「打たれ強さ」についてはクリアしていますので、まずはその仕事の良いところと悪いところを調べる事が、大切なポイントになります。


面接官の見ている3つのポイント―。今後の就職活動に向けて、しっかりと見つめなおしましょう。

▼お気軽にご相談下さい(就活相談フリーダイヤル:0120-112-137)
新卒・第2新卒・若手求職者のための就職支援サービス「Beginner's Agent(ビギナーズエージェント)」

JUGEMテーマ:転職活動
JUGEMテーマ:就職活動
BA運営事務局 2008.05.29 Thursday
就活コラム
trackbacks(2)
pookmark
このページのTOPへ↑
【BA流★就活必勝法】第5回/いよいよ本番!面接に向けて―。
就職・転職活動で悩みの多い新卒・第2新卒・未経験者の皆さんに、
“未経験者専用の就職支援サービス”を手がける「BA」から、
とっておきの書類作成・面接アドバイスをお送りする【BA流★就活必勝法】。

ナビゲーター役を務めます、キャリア・アドバイザー指田(サシダ)です。

■まずはしっかりとした準備を。
書類選考を通過すると、次の企業での面接が待っています。
これまではいわば「予選」のようなもの、就職活動はここからが本番です。

特に面接では、あなたの人間性を見られる訳ですから、可能な限りの準備はしておきたいもの。
今回は、そんな面接の準備について、基本的なところから考えてみたいと思います。


◎―身だしなみを整える
社会人のマナーとして、身だしなみを整えておく事は非常に重要な事です。あまり過度に飾り立てる必要はありませんが、面接官を不快にさせない程度に整えることを心がけてください。
面接官次第ではありますが、その日の為にあえて新品を用意した場合、「普段から着慣れていないのでは。」と見られる事もあり得ますので、あまり肩に力をいれず普段通りに気を使っていれば問題はないはずです。

また、体調管理も怠ってはいけません。寝不足で目が充血している。風邪気味で顔色が優れないなど、どんなに整えてもカバーしきれない部分が出てしまいます。
もし体調不良が原因で面接を延期するような事があった場合、「自己管理ができていない。」という烙印を押され、当然面接ではマイナス評価になってしまいます。

万全の体制で面接に臨む上でも、自分自身の健康にはしっかりと気を使いましょう。

◎―質問を想定する
当日、皆さんの魅力をしっかりとアピールするためには、イメージトレーニングも大切な準備です。面接官によって質問する内容は様々ですが、志望動機や将来の目標、自己紹介など、基本的にどこでも共通する部分がありますよね?

これらの回答をしっかりと用意しておく事で、面接時に応えられないとう状況をなくしておく事が大切です。他にも、これまでの経験してきた事柄について、相手に聞かれるであろう部分をしっかりと説明できるようにしておく事も必要です。
より多くの質問を想定し、色々な回答を導き出しておく事で、心に余裕がもて、良い精神状態で面接に望む事が出来ます。

◎―面接に慣れる
身だしなみを整え、質問に対する返しを万全に整えていたとしても、本番で緊張してしまい、本来の自分がアピールできないというケースは決して少なくありません。最も大切な事は、ある程度面接に慣れておくという事です。

こればかりは、気持ちの問題ですから、とにかくたくさんの面接を経験して、その場の空気に体を慣しておく事で解決する他ありません。
もちろんBAでも模擬面接という形で支援はしていますが、やはり実際に企業で行う面接の方がより多くの経験ができます。
ただ、ここで気をつけるべきは、あまりに慣れすぎてしまい、緊張感がなくしてしまうのも問題があるという点です。

あくまでも面接の場は試験会場。
皆さんの力が試されているのだという気持ちを忘れないでください。

転職活動において最も重要な部分だからこそ、事前の準備を怠らずに―。

▼お気軽にご相談下さい(就活相談フリーダイヤル:0120-112-137)
新卒・第2新卒・若手求職者のための就職支援サービス「Beginner's Agent(ビギナーズエージェント)」
BA運営事務局 2008.05.19 Monday
就活コラム
trackbacks(0)
pookmark
このページのTOPへ↑
【BA流★就活必勝法】第4回/中途採用の必須アイテム、職務経歴書
就職・転職活動で悩みの多い新卒・第2新卒・未経験者の皆さんに、
“未経験者専用の就職支援サービス”を手がける「BA」から、
とっておきの書類作成・面接アドバイスをお送りする【BA流★就活必勝法】。

ナビゲーター役を務めます、キャリア・アドバイザー指田(サシダ)です。

ゴールデンウィークも終わり、そろそろ各企業も仕事モードに突入してきた頃でしょうか?
新社会人も配属がぼちぼち決まり、これから夏に向けて一気に社会人らしく成長を遂げる時期ですね。

■中途採用の必須ツール、職務経歴書
新卒の方にはあまり縁のない職務経歴書―。
中途採用を目指している方にしてみれば、不可欠なツールです。

今では多くの企業が履歴書と1セットでこの職務経歴書の提出を求めています。
やはり履歴書の情報だけでは、キャリアをお持ちの方は図り知る事はできないという事ですね。

そこで、今回はこの職務経歴書について、少し考えてみたいと思います。

◎―職務経歴書の書式
職務経歴書の書き方って難しいですよね。特に始めて書く方にとっては、どういうレイアウトで書けば良いのかという点に頭を悩ませる事でしょう。
多くの場合、チャート方式で書くやり方が一般的です。まず何より見易いという事が一番の理由です。
BAでもチャート方式の職務経歴書を採用しています。すぐ見て、すぐ分かる事。これが一番のポイントですね。

また、ダラダラと長文を書いても、やはり分かり難いものになってしまします。
何度も記しましたが、採用業務を行っている方は、毎日何人もの履歴書に目を通すわけですから、なるべく完結に、箇条書きで要点を伝えていく事。これも読みやすく書くための大切なポイントになります。

◎―何をしてきて、どんな結果を導いたのか
企業からしてみれば、求職者の能力を推し量る上で、経験してきた職務の内容は大きなポイントになります。
どういった会社で、どういった仕事を行ってきて、どういった結果を残してきたのか―。
特に結果と仕事内容は、就職してから十分に通用するか、またはポテンシャルを秘めているかを見るために重要なポイントです。

もちろん、着色なく書く事も大切な事ですが、もうひとつ。企業に応じてPRする部分を意識して書くと良い印象を与える事が出来るでしょう。

外食業界であれば接客の業務経験を、IT業界であればPCを使った業務経験をというように、企業に応じて職務経歴書を内容を書き分ける事も、有効なアピール手段です。

◎―なるべく詳細に書いて、意欲を伝える
とはいえ、採用担当にしてみれば少しでも多くの事を知りたい訳で、書き込みが少なすぎても、やはりあまり目を通される事はありません。
重要な要点を見やすくしながらも、ある程度詳細な事柄を書き込んでいく事で、採用担当としても非常に有意義な職務経歴書になります。
何より、多くの事柄を、分かりやすく丁寧にまとめるという事は、それなりに推敲を繰り返して作成したと見られますので、「その企業に入りたい。」「自分を知って欲しい。」という意欲を伝える事もできます。
結局、採用に至る最大の決め手は、意欲のある姿勢を見せる事ですから、出来る限りの手段を用いて意欲を伝え、採用担当に「この人と仕事をしたい!」と思わせる事が大切です。

分かりやすく、かつ要点を抑え、細やかな所にまで気配りがされている職務経歴書―。
BAでも、こういった書類作成を、皆さんに指導していければなと思っています。

さて、長くなりましたが書類の話はここまで、次回は面接について、少し考えてみましょう。

▼お気軽にご相談下さい(就活相談フリーダイヤル:0120-112-137)
新卒・第2新卒・若手求職者のための就職支援サービス「Beginner's Agent(ビギナーズエージェント)」
BA運営事務局 2008.05.13 Tuesday
就活コラム
trackbacks(0)
pookmark
このページのTOPへ↑
【BA流★就活必勝法】第3回/書類選考でライバルに差をつける3つのポイント
就職・転職活動で悩みの多い新卒・第2新卒・未経験者の皆さんに、
“未経験者専用の就職支援サービス”を手がける「BA」から、
とっておきの書類作成・面接アドバイスをお送りする【BA流★就活必勝法】。

ナビゲーター役を務めます、キャリア・アドバイザー指田(サシダ)です。

■学歴・職歴・賞罰・資格と志望動機、自己PR欄の違い
前回(4月28日エントリー)、書類上のちょっとしたミスが合否に大きく影響を及ぼす事を簡単に説明しました。
これまでは、学歴・職歴・賞罰・資格といった“既成事実”を書く場合の注意点でしたが、今回は、皆さんの考え方ややる気をアピールする事が出来る「志望動機」や「自己PR」について解説します。

ライバル達に差をつける履歴書を作るために必要なのは、あなたの魅力をアピールする事です。
では、実際どういった点に注意して書けば良いか、今回はそこを考えてみたいと思います。

◎―何故その会社を選んだのかを書こう!(志望動機)
冒頭で記しましたが、履歴書内で唯一自分の考え方がアピールできる「志望動機」は、非常に重要な項目です。特に志望動機では、何故この会社を選んだのか、その会社で何をしていきたいのかといった点を中心にアピールしていく事が大切です。
その為には、エントリーする会社についてしっかりと知る事。そして、自分がやりたい事を把握する事が必要になってきます。

会社の事を知ろうと思えば、今はホームページを持っている会社がほとんどですので、それほど難しくないと思いますが、「その会社で何をしたいのか」となると意外と難しいもの。
例えば、事業内容から、こういった事ができたら面白いというようなアイデアを出してみるのものも良いですし、業界の流れなどからこうしてみたいという考えを示す事も、アピールポイントのひとつになるでしょう。

まずは会社への興味をしっかりと訴えて行きましょう。


◎―自分のやってきた事を書こう!(自己PR)
「自己PR」と「志望動機」の内容が同じになってしまう事、よくありますよね。
しかし、志望動機で企業への気持ちを書いたのですから、ここでは自分のやってきた事を書いておく事で、2つのテーマをしっかり書き分ける事ができます。

ここでは以下の点に注意してみてください。

1つ目は「考え方を書く」という事。
どういった点に着眼点をおいたのか、どういった効果を狙ったのか、その事から何を学んだのかといった発想や考え方をしっかりとアピールする事で、皆さんがどういう人間なのかを会社に知ってもらう事ができます。

2つ目は「結果を書く」という事です。
陥りがちなパターンとして「○○をやりました。」といった文章を羅列してしまうケースです。採用担当からすれば「それで、どうなったんだろう?」という疑問が思い浮かんでしまいます。
結果をしっかりと明記する事で、採用担当の人も読みやすいですし、それが良い結果であればあるほど、皆さんのアピールにも繋がりますよね。

自分のやってきた事を掘り下げて、どう考えたのかを書き、それがどういう結果をもたらしたのか―。
皆さん自身をアピールする場として、「自己PR」欄を上手に使ってみてください。

◎―不採用になっても、感謝の心を忘れずに
しっかりと作り込んだ書類を送ったものの、書類選考で不採用になってしまう事もあるでしょう。
そんな時、気持ちを切り替えて次へ向かう事も大切ですが、皆さんの為に時間を割いてくれた採用担当の方への感謝を怠ってはいけません。

例え不合格となってしまったとしても、しっかりとお礼を伝える事で、採用担当の方へ好印象を残す事ができますし、自分自身の気持ちに整理をつけることもできますよね。
それに、採用担当の方にとっても、皆さんがガッカリすると分かっている連絡を送る事は大変心苦しいもの。そんな中皆さんから「ありがとうございました。」と連絡があるだけで、「ほっとした」「気持ちが晴れた」「ちょっぴり嬉しい」といった気になるのだとか。

また、企業によっては、いったんは選考不採用とした応募者の中から再検討をする事もありますので、送っておく事は決して無駄ではないはずです。
何より一度不採用になった企業に対して、新卒者であれば中途採用で、中途採用の方も今後カタチを変えて、またいつか応募する機会に恵まれることも決してないとは言い切れません。

合否に関わらず感謝の気持ちを忘れない―。
メリットだらけの「お礼メール」は、是非実践してみてください。

▼お気軽にご相談下さい(就活相談フリーダイヤル:0120-112-137)
新卒・第2新卒・若手求職者のための就職支援サービス「Beginner's Agent(ビギナーズエージェント)」
 
JUGEMテーマ:就職活動

JUGEMテーマ:転職活動
アドバイザーS 2008.05.07 Wednesday
就活コラム
trackbacks(0)
pookmark
このページのTOPへ↑
【BA流★就活必勝法】第2回/書類作成の基本から―。
就職・転職活動で悩みの多い新卒・第2新卒・未経験者の皆さんに、
“未経験者専用の就職支援サービス”を手がける「BA」から、
とっておきの書類作成・面接アドバイスをお送りする【BA流★就活必勝法】。

ナビゲーター役を務めます、キャリア・アドバイザー指田(サシダ)です。

いよいよゴールデンウィークに突入しましたね。
時間のたっぷり取れる大型連休、皆さん如何お過ごしでしょうか。

■選考不採用の理由、ご存知ですか?
とある調査で、採用担当者に訊く「不採用理由」のアンケートによると、
上位30位のうち、3分の1にあたる10項目が「書類の不備によるもの」だそうです。
上位10位で絞ってみても、なんとランク内中5つが「書類不備」に関すること――。

写真が貼っていないだけで、
誤字、脱字が1文字あるだけで、
日付が間違っているだけで、不採用になってしまうという訳です。
意外にも、そういった応募がものすごく多いとか。

企業がどれだけ提出書類を重視しているか分かりますよね?
履歴書の良し悪しは、そのまま合否に直結しているといっても過言ではありません。

だからこそ、しっかりとした履歴書を作らねば!という訳で、前回に引き続き、今回も履歴書の書き方について考えてみます。


◎POINT1――まずは「当たり前」の事からおさらい・・・。
上記でも少し書きましたが、書類の不備で上位を占めているのは、「写真を貼らない」「誤字、脱字が多い」など。
読み返したり、ちょっと気を使えば確認できる範囲の事です。
特に、誤字、脱字については何度も読み直して、不備がないかを確認しましょう。

その他にも、修正液や色ペン、鉛筆などで書くと言うのもNG。
あくまでも提出する書類は、選考先に向けた「ビジネス文書」のようなものだと考えてください。
また当たり前ですが、嘘を書くのは絶対にご法度。経歴については一切脚色せず、事実を正確に記入しましょう。
上記であげたような不備がない事が履歴書作成の第一歩。
まずは基本から、キッチリ抑える事が大切です。


◎POINT2――アルバイトは積極的にアピールしないほうが良い?
「職務経歴書にアルバイトは書くべきではない」という風に考えていませんか?
もちろん、企業側の募集条件や応募する職種によっては、記入すべきではない部分も多々ありますが、BAの場合、アルバイトの経歴であっても、それが「十分にアピール出来る内容であれば積極的にアピールすべきである」と考えています。

未経験者採用の場合、出来る限り求職者の色々な側面を知りたいと考えている採用担当の方が少なからずいらっしゃいます。
文章の書き方やアプローチの仕方を少し工夫するだけで、アルバイトの経験であっても、アピールポイントとして非常に有効です。

基本をしっかりと抑えて、自分のアピールできるポイントをしっかりとアピールする。
実はこれだけの事で、大きく書類選考でライバルに差がつけられるんですよね。
ただ、やっぱり自分のアピールポイントを探すというのは難しいもの――。

そこで次回は、企業へどうやってアピールしていくかをちょっと考えてみたいと思います。

▼お気軽にご相談下さい(就活相談フリーダイヤル:0120-112-137)
新卒・第2新卒・若手求職者のための就職支援サービス「Beginner's Agent(ビギナーズエージェント)」

JUGEMテーマ:転職活動
JUGEMテーマ:就職活動
アドバイザーS 2008.04.28 Monday
就活コラム
trackbacks(0)
pookmark
このページのTOPへ↑
【BA流★就活必勝法】第1回/応募書類は読む人の立場で。
書類選考が通らない。企業面接のポイントがわからない。内定が決まらない。
 
就職・転職活動で悩みの多い新卒・第2新卒・未経験者の皆さんに、
未経験者専用の就職支援サービスを手がける「BA」から、
とっておきの書類作成・面接アドバイスをお送りする【BA流★就活必勝法】。
 
ナビゲーター役を務めます、キャリア・アドバイザー指田(サシダ)です。

4月も終わりに近づき、ボチボチ新社会人の皆さんも大分落ち着きが見えてきましたね。
昨年の今頃はそんな皆さんも就職活動の真っ只中――。
来年の今頃は今このブログを読んでいる方が、社会人デビューを迎えているかもしれませんね。
 
■最初の関門―――書類選考
就職活動に際して、誰でも必ず通る最初の関門が「書類選考」――。
「色々書いて自分をアピールしよう!」とか「間違えないように丁寧に書こう」など、やっぱり気を使いますよね。

でも、そんな思いも空しく、書類選考で不採用になった経験ありませんか?
今回はそんな書類選考について、気をつけなければならないポイントを考えてみたいと思います。

◎POINT1――書いて終わりではなく、しっかり読む。
まず実際に書き出す前に、履歴書を読む人の事を考えてみましょう。
皆さんが応募した企業には、他の人もたくさん応募しているはずです。
大手企業になればなるほど、毎日山のように届く履歴書と対峙している事は容易に想像できますね。
その履歴書ひとつひとつに目を通すと言う事は、大変な重労働です。

また、中小企業ともなれば、採用担当者といえども採用業務以外の仕事を兼任している方が多く、ますます履歴書に目を通す時間は削られてしまいますよね。
そんな中で、ビッシリ文字の書かれた履歴書を渡されたらどう思いますか?
恐らく、見ただけで疲れてしまいますし、何より読む気すら起きなくなりますよね。
良い履歴書というのは、必ずしも多くの情報を書く事が有効とは限らない。という事です。

◎POINT2――応募したその企業に向けたPR書類になっていますか?よくやってしまいがちな手法ですが、どこの企業にも通用する内容の履歴書というものも、やっぱり印象が薄くなります。
どうしてこの会社を選んだのか、入社して何がやりたいのかなど、その会社の事をしっかりと調べていて、その上で自身の将来のビジョンを重ねて書かれている履歴書を読んだ時、採用担当の方は「会ってみたい」と思うわけです。

BAでは、皆さんの考え方や主張に合わせて、何がやりたいのかを一緒に考え、最適な履歴書の作り方をキャリア・アドバイザーが本気でサポートしています。
 
書類選考は言ってみれば「顔が見えない面接」のようなもの。
だからこそ、限られたスペースで皆さんの魅力を最大限伝えるものを作成する事が大切です。

是非皆さんも一度カウンセリングに足を運んでみませんか?自分でも気づかなかった、自分の「魅力」を発見する事ができるかもしれませんよ?

長くなってしまいましたが、今回はここまで―。
次回は具体的に履歴書の
書き方について考えてみましょう。

(次回更新予定…2008/04/28月曜)

▼お気軽にご相談下さい(就活相談フリーダイヤル:0120-112-137)
新卒・第2新卒・若手求職者のための就職支援サービス「Beginner's Agent(ビギナーズエージェント)」

JUGEMテーマ:転職活動
JUGEMテーマ:就職活動
アドバイザーS 2008.04.21 Monday
就活コラム
trackbacks(1)
pookmark
このページのTOPへ↑
【就活シネマ vol.11: スライディング・ドア】時に来たる運命のために
アップルちゃん出産後は育児優先であまり公に出てこないグゥイネス・パルトロウですが、
今年は久々の賞レース参戦になるという噂も…。
オスカージンクス(※オスカーを獲って以後キャリアが下降線になる)を吹き飛ばし、
活躍して欲しいですね!
というわけで、今日はまだ彼女が売れ始めた頃の、初々しい演技が見れる
広告代理店映画その◆屮好薀ぅ妊ング・ドア」を紹介します。

「あの時、もしもああなっていたら…」と思うことは誰にだってあるはず。
この映画は、主人公ヘレンの「電車に乗れた私」と「電車に乗れなかった私」という
二つの人生が、リアルタイムで交錯しながら進んでいきます。

実はヘレン、電車に乗る前に広告代理店をクビになってしまうんですが…

なんと電車に乗れた方のヘレンは、友人と広告代理店を起業しちゃうんです!
オフィスを作る様子が途中で出てくるのですが、とっても楽しそうです。
(アポ風景らしきものも、ちょっとだけ出てきます。)

ヘレンの事業が軌道に乗るのは、ひょんなことから、ネットワークができたことであり、
前職での活躍があったからこそ。
ヘレンはもともと独立・起業を志望していたタイプの人ではありませんが、
新人時代からずっと積み上げてきたものが、ふとしたきっかけで起業という大きな
人生の転機につながったんですね。

BAブログをご覧の皆さんも、ちょっとずつでも、今ご自身で積み上げているもの、
または積み上げようとしているものを、大切になさってください。
電車に乗れたか・乗り過ごしたかだけで、人生は変わってしまうかもしれないけれど、
最悪な運命が最高のステージをつかむきっかけになる可能性だってあるんです。

あなたのキャリアの可能性をキャリアアドバイザーがお手伝いできたら、
これ以上の喜びはありません。

ちなみに、グウィネスは全編通じてカルバン・クラインを、ライバルの女性は
ダナ・キャランを着こなしていて、とってもおしゃれです。


(求人広告ライターF)
評価:
グウィネス・パルトロウ,ピーター・ホーウィット
ジェネオン エンタテインメント
Amazonランキング: 10560位
Amazonおすすめ度:
運命について考えさせられます
2人の男優がかっこ悪いな
スライディングドア
求人広告ライターズ 2008.04.16 Wednesday
就活シネマ
trackbacks(0)
pookmark
このページのTOPへ↑
【就活シネマvol.10:ハート・オブ・ウーマン】心を読んで
広告代理店映画その というわけで、
「ハート・オブ・ウーマン」です。

男がかっこいいと思う男、ニックは大手広告代理店の古株。
仕事も女性も順風漫帆、自信に満ち溢れた毎日でしたが、
ある日出世のイスを、競合から引き抜かれてきたやり手のキャリアウーマン
ダーシーに奪われてしまいます。

そんな時、彼は女性の考えていることが聞こえてくる力を手に入れて…。

皆が欲しい力をニックは得るわけですが、そこで知ったのは「現実とのギャップ」。
ニコニコ笑っている女性が実はとんでもないことを考えていたり・・・
コワいですねあせあせ
けれど、

「人の気持ちが読めない」=「時代のニーズが読めない」からこそ仕事を奪われたんだと
いうこと。
「人の気持ちを読もうとしていなかった」から、周りとすれ違っていたんだということ。

ニックの教訓は、女性に対してと限られたものに見えますが、
企画営業を始めるみなさんには、性別関係なくすべてのお客様と接するときに、
心に留めておくといいのでは?

「今どれだけコミュニケーション能力があるか」ではなく、
お客様とコミュニケーションを取る為に、
「どう努力しているか?」「どう行動しているか?」が大切だということ。

もっとご自身の適正を掘り下げたい方は、ぜひBAのキャリアアドバイザーにご相談下さいね。

魔法がなくたって、その人次第。大好きなメッセージです。
(ところで、マリサ・トメイはかわいいですなあ!)

(求人広告ライターF)
評価:
メル・ギブソン,ヘレン・ハント,ローレン・ホリー,ナンシー・メイヤーズ,ジョシュ・ゴールドスミス,キャシー・ユスパ
ポニーキャニオン
Amazonランキング: 19245位
Amazonおすすめ度:
求人広告ライターズ 2008.04.14 Monday
就活シネマ
trackbacks(0)
pookmark
このページのTOPへ↑
【就活シネマvol.09:イン・グッド・カンパニー】働くって何?
最近では「ライラの冒険」なんかも撮ってますが、こういうちょっと単館的に
ホッとするヒューマンドラマが得意のウェイツ兄弟。
うっかりビデオスルーになりましたが、これ、実はとっても名作です。

企業買収(M&A)という言葉、今じゃ筆記試験に出る出ないで暗記されてる方も多いのでは?
実際に渦中に置かれた人たちには、どんなアクシデントが起こるんでしょう。

主人公のM&Aのせいで降格し、息子ほどの年齢の上司を持つ身となった、デキる営業マン、ダン。
(デニス・クエイドが素敵すぎ)
そして、年上の見知らぬ部下・企業風土に緊張しながら、必死で大役をこなそうとする
大企業の若手エリート、カーター。
今をときめくスカーレット・ヨハンソンも出ています。(彼女にしては地味な役柄ですが)

「会社とは」「営業とは」「働くとは」
色んなテーマが作中に散りばめられ、それぞれが自分なりの道を見い出して行きますが、
共通したメッセージは、やはり「信念を持って生きる」ということではないでしょうか。

営業は人と人の対話。
未経験で、就業経験が浅くとも、信念を持ち、尊敬できる仲間と苦楽を分かち合う。
BAでは、そんな企業とあなたの出会いを、お手伝いいたします。
ちなみに劇中では、大先輩であるダンの人柄が垣間見える、グッとくる営業の見せ場がありますよ!

掘り出し物を見つけたいあなたに、ぜひおすすめしたい一品です。

(求人広告ライターF)

JUGEMテーマ:就活シネマ
評価:
デニス・クエイド,スカーレット・ヨハンソン,トファー・グレイス,マージ・ヘルゲンバーガー,ポール・ウェイツ
Amazonランキング: 60511位
求人広告ライターズ 2008.04.08 Tuesday
就活シネマ
trackbacks(0)
pookmark
このページのTOPへ↑
Profile
アドバイザーS アドバイザーS
人事担当兼任の“ヒトを見る目”で客観的なアドバイス!BA運営事務局のご意見番。
テーブルライン
アドバイザーK アドバイザーK
独自のアンテナでおとくな業界・雇用NEWSをキャッチ!BA運営事務局マーケティング担当。
テーブルライン
アドバイザーY アドバイザーY
さまざまな分野での営業経験を活かして就活サポート!BA運営事務局のアニキ的存在。
テーブルライン
アドバイザーO アドバイザーO
BA運営事務局の紅一点。営業経験と女性目線ありきの細やかなフォローでガンバリます。
テーブルライン
ライターズ 求人広告
ライターズ
求人広告専門のライターたちが、取材で見聞きした人事採用に関するこぼれ話をレポート!
テーブルライン
テーブルフッダ
カレンダー
テーブルフッダ
Amazon Link
Amazon Link
Amazon Link
Amazon Link
Amazon Link
SPONSORED LINKS